Producer Hikaruについて


17歳の男子です。

5年前にパニック障害を患い、入院をしたり、何も出来なくなって絶望にたたされた時に「もう自分は終わった」と諦めかけました。

地獄のような5年間を過ごしていくうちに、非常に学ぶ事がいっぱいありました。

周囲への感謝、自分がどれほど幸せなのか、、

諦めかけたこともあったけど、なぜ諦めなかったのかな?って考えたときに、それは自分が夢中になって没頭できる

「テクノロジー」があったからだと思います。

じゃあ自分の大好きで得意な「テクノロジー」を生かして、自分と同じように辛い人達や悲しいことでいっぱいな人たちを笑顔に出来るのかな?と考えたときに、自分の経験を生かした「アプリ」を作ってみようと思いました。

 

 

「好きなことがある」「夢がある」ってキボウそしてワクワクして本当に素晴らしいことだと思います。

皆さんの「好きなこと」「夢」などの素晴らしい想いを実現を手助けするアプリを作りました。

 

 

 

正直今は絶対に絶対に諦めないで本当に良かったと思います。今は周りに良い人がいっぱいいて本当に幸せです。

でも今でもパニック障害が自分を苦しめることが多くあります。

 

自分にとっても僕が作成したアプリ」は希望のような存在です。

皆さんにとっても、アプリが少しでも役立てば本当に幸せで感極まります。